読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬の散歩

今日も今日とて犬の散歩。飼っている犬の散歩。かわいいトイプードルの散歩。愛犬の散歩。散歩は楽しいランララン。

 

わたしは犬の散歩が好きだ。犬の方はどう思っているか知らないけれど、わたしは犬の散歩がとても楽しい。わたしはトイプードルを飼っている。メス。推定6~7歳。推定っていうのは大体それくらいってことで、本当のことはわからないってことだ。この犬がどこでいつ生まれたかをわたしは知らないし、わたしの家に来るまでどこでどうしていたかを知らない。犬は保護犬だった。そしてひどい皮膚病だった。たぶん、皮膚病で臭くなって捨てられたのだろう、推定。

 

わたしがこの犬と出会ったのは去年の夏の終わり、まだまだ残暑って感じです、な季節だった、出会いのきっかけはインターネット、っていうととっても近代的。まぁネットの犬の里親募集で知った。わたしは今まで犬とかペットとか全然関心が無かったし、ペットの話とかされても「ふーん…そうなんだぁ~…」くらいな感じだったから、自分が犬を飼うとか考えてもいなかったし、ましてや保護犬を引き取るとか思ってもいなかった。でもまぁ人生って何が起こってどうなるかもわかんないし、不思議な糸のめぐり合わせ、ってやつで犬を引き取ることになった。

 

はじめて飼う犬はとても臭かった。皮膚病でところどころハゲてて、かゆくてたまらない様子でかきむしっていた。薬用シャンプーを週に1~2回すること、ちゃんと病院にかかること、アレルギー用のフードを与えること、などなどしなくちゃいけないことはたくさんあった。お金もかかる。それでも犬のおもちゃとかおやつとか買って犬に貢いでしまう。今までたいして興味もなかった動物番組とか見るようになって、犬と人間の絆、的な番組に思わず涙してしまうようになった。散歩中のよその犬とか見ると、「おっ」と思うようになった。犬種にちょっと詳しくなった。気が付けばAmazonとかでペット用品を眺めている。犬にご飯食べさせるために転職した、っていうのは大げさだけれども犬のために働いているようなもんです、ってなくらいに犬に貢いでいる。

犬がちゃんとシートの上でトイレ出来たときとか、感動もの。泣けるって評判の映画よりも泣ける。っていうのはまたまた大げさだけれども、皮膚の状態が良くなっていると獣医に言われたときとか、きれいにカットされた犬を見るとうれしい。うちの犬は膝の上に乗るのがとても好きで、よく膝の上に乗ってはペロペロ人の顔を舐める。ハゲてた毛もだんだん生えてくるようになった。

犬の散歩は楽しい。今日も今日とて犬の散歩。ランララン。ララランラ。こうしてブログを書いている今も犬は足元にいて、ペロペロわたしを舐めてくれるのです。願わくば犬が少しでも長く生きてくれるよう、少しでもそばにいてくれるように!